株式投資で資産を爆発!

中国株 成功への道筋

やっと中国株で資産が2倍程度をウロウロするくらいになりました。とは言っても、決して平坦な道のりではありません。
そんな道のりを、あなたと共有して、ともに資産をふやそうではありませんか。

最近の中国本土市場

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●最近、中国本土市場が騒がしくなってきました。

 あまりにも上昇が急でバブルの懸念が大きくなってきていることです。

 証券アナリストだけではなく、中国政府も危機感が大きくなっているようで、先日印紙税を3倍に引き上げました。



 その結果、上海を始めとする中国本土市場は大きく値を崩すこととなりました。


●ここ最近、下落を知らない本土市場。

 そこに参加できるのは中国国民のみ(一部海外の機関投資家)。



 借金して、貯金を切り崩して、子供の学費をあてて・・・



 下がったことが無いから、損をしたことが無いから、上がると思い込んでいるからこその行動です。


 このような市場は長続きしません。

 投資の格言にも「上がっている相場は必ず下がり、下がっている相場は必ず上がる」というようなものがあります。


 定期的に下がっていれば、理性ある行動が取れるのでしょうが、今は投資をしないと損という感覚を中国国民は持っているのかもしれません。


 もちろん、投資できる中国国民は全体から見れば10%にも満たない数だと思いますが、すでに証券口座が1億を超えています。


 もし、株価が暴落すると、かなりの数の個人投資家がダメージを食らうことになるでしょう。



●まあ、投資は個人の責任なので構わないのですが、そもそも「個人の責任」という感覚すらない個人投資家が少なからず存在しそうです(あくまでも私がそのように感じているだけです)。


 「投資は個人の責任」というような投資のイロハとも言えるような認識すらもたず投資行動を行っているとしたら・・・



 政府が印紙税を上げ、翌日の本土市場が暴落したとき、個人投資家が暴動(?)を起こしたというようなニュースを見ました。


 中国、香港へ投資している私としては、このような行動を起こす人が中国の個人投資家に多いとしたら、いくら経済発展への期待が大きいとは言え、将来に不安を持たざるを得ません。



 私と同じように考えた人が多いとしたら、中国のみならず香港へもかなりの影響が考えられます。



 株式投資はリスクが伴うものです。

 そのことをしっかりと認識し、下落リスクに対応できる理性ある行動を取って欲しいと本当に思います。


 【ふなき語録】

 「投資にはリスクがつきもの。理性無き行動は自滅への第一歩」





いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




潮の流れを見極める

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●今週に入り、香港H株や中国本土のB株が異常なまでに上昇しています。

 まあその件については今後触れようと思いますが、今回は潮な流れを見極めるという話をしようと思います。



●潮の流れを見極めるというのは、要は状況に合わせて自分自身の行動を考えるということです。


 これは何も株だけの話ではないでしょう。


 起業した人も、当初は上手くいたけど、最近は調子が悪い。そんなときは、今までと周りの状況が変化している可能性があります。

 その変化についていけないと、事業もジリジリと後退していってしまいます。



 まあ株でも同じような感じです。



●例えば、2000年ころ、白物家電銘柄は中国株の中心の一角だったと思います。


 比較的安い家電製品が日本の家電量販店に置いてあるのでご存知の方もいると思いますが、ハイアールという中国の家電メーカーがあります。


 当時は、中国の松下、ソニーの有力候補というような感じで、株価もかなり順調だったと記憶しています。


 1株で20香港ドルくらいにはなっていたかもしれません。しかしその後企業業績の飲み悩みともに株価も伸び悩み、今年の初めには0.3香港ドルくらいにまで下がりました。

 1/100です。



●当時は安い家電が海外でも売れていたのでしょう。

 中国国内でも売れていたのかもしれません。


 しかし全世界を相手に戦わなければならない家電量販店。

 最近では、ハイアール株なんかをお勧めする書籍は見たことがありません。



 何が変わったのかといえば、状況が変わったのです。


 この状況についていけていなければ、資産が1/100になっている可能性だってあるのです。



●株は変化に対応できるかどうかが勝負です。

 変化に対応する勇気があるかが勝負です。

 私も変化に対応できる人間でありたいものです。


 【ふなき語録】

 「変化に対応できるか否かが勝負の分かれ目」




いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




中国崩壊

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●巷には、崩壊の本とか本土市場のバブル懸念とか色々といわれている中国ですが、最近、元気に上昇しています。



 この理由はいくつか考えられるのですが、


 ・中国経済の強さ
 ・中国企業の強さ
 ・中国国民の所得増加
 ・中国国民の感情



 通常の市場は、海外の投資家が参加できるものですが、中国本土市場は限られた投資家しか参加できません。


 香港や日本なんかは、前日のニューヨーク市場の影響を結構くらうのですが、中国本土はあまり影響を受けません。


 その理由は、市場の参加者が中国の個人投資家が多いからなんです。



●そして、現在の強い中国本土市場はもちろん、企業業績がいいこともありますが、それ以上に市場参加者の強気な感情があると考えています。


 今、中国国民は株式投資に対してとっても強気になっているのです。


 結果として、割安とか割高とかあまり関係なく、異常なまでに上昇しているんでしょう。



 ということから考えると、中国本土のバブル懸念もわからなくは
無い状況といえるかもしれません。

 本土に投資をしている私としては、何だか黙っていてもバカバカ上昇していくので、悪い気持ちはしないのですが・・・



●今回は、そのことではなく、中国崩壊について少し触れてみたいと思います。


 一部、農村と都市部の格差問題とか、共産党政権と資本主義経済の両立による弊害とかを理由に、いずれ中国は崩壊するようなことを言う人がいます。



 そのような本や記事を読むと、何ともまあ、本当に現実になりそうな感じです。


 説得力があるといったらいいのでしょうか。



 このような本を見たら、怖くて中国になんか投資しようなんて考えないでしょうね。



●でも、日本にも格差問題はあります。
 年金問題もあります。
 少子高齢化問題もあります。


 何がいいたいのかというと、問題の無い国なんて存在しないってことです。



 悪いことを考えたら、何もできませんし、「絶対」を求めていたら、大きく成功することはありません。



 同じ状況にいるのに「幸せだと感じる人」、「不幸だと考える人」がいます。

 その違いは何かといえば、「その人自身の考え方」です。


 極端なこと言うと、人間は考え方一つで、幸せにも不幸にもなるんです。



 少し話しが脱線しましたが、要するに、同じ中国を見ても崩壊すると言っている人もいれば、私のように有望な中国経済に投資している人もいるということです。

 その違いは、その人の考え方ということです。


 なので、ある情報だけを見て決めつけてしまうことはとっても危険かもしれませんね。



●マスコミ報道なんかでも、かなり偏った情報を平気でゴールデンタイムに流したりしています。


 情報をきちんと整理し自分の考え方を持つことっていうことは、投資だけではなく、生きていく上でとっても大切なことなんでしょうね。


 【ふなき語録】

 「偏った情報に流されず、一本筋の通った考え方を持つ」





いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




決算も出揃ったところで

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●中国本土もメーデー休暇が明け、私も長い休みから帰ってきました。

 長い休みといっても、ブログを休んでいただけですが・・・


 久しぶりの売買ということからでしょうか。


 本土市場は爆発的に上がっています。


 私の持っている銘柄もすべてがストップ高状態。


 まあ異常ですね。明日にはガクッと下がるかもしれません。



●ところで、最近、私は投資に関してはすることがありません。


 長期保有を基本としていますので、企業の動向に注意しつつ売買をするのですが、本決算発表も終わって、企業からの情報もなくなりました。


 中国の全人代も終わって政策も見えてきました。


 だから後は買った株を持っているだけ。


 株価が日々、上がろうが下がろうが、私の持つ株価は長期的に見ると、企業の収益と比例する動きをするという考え方から、何かファンダメンタルに異常が無ければ売買は行いません。


 本当は、買いたい銘柄はあるのですが、先立つものが無くて・・・



●しばらくは山のように動かない日々が続きそうです。


 【ふなき語録】

 「どっしりと構える気持ちが大切です。」





いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




上がりっぱなし上海

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●最近、冬逆戻りな感じですが、体調を崩していないでしょうか。

 私はおかげ様で、体調を崩すことなく過ごしています。それにしても、2月の気温って・・・




●先週辺りから、上海市場が下がりません。


 毎日毎日上がりつづけています。


 正直、そろそろ「やばい」って思っている海外投資家は多いと思いますが、上海の特にA株と呼ばれる上海総合指数は海外の個人投資家は購入できないので、中国国内の個人投資家の心情で値動きがかなり決まるといわれています。



 「オリンピック」
 「子育て」


 といったキーワードで、かなり物色されているようです。 → 株ランク




●オリンピックは言うまでもありませんんが、来年の北京オリンピック銘柄ですね。


 子育てに関しては、亥年生まれの子供は幸せになれるという考えが古くからあり、中国では空前の出産ブーム。


 日本からすると羨ましい話かもしれませんが、産婦人科は人で溢れ、マタニティーグッツが飛ぶように売れているようです。



 これらの銘柄を中心として、ガンガン上昇しているのが上海市場です。 → 株ランク




●そして、今は決算発表の時期ということもあり、どの企業も業績がまたGOOD。


 75%くらいが決算発表を済ませましたが、平均で30%以上の増益。


 2桁増益でもかなりのものですが、平均で30%を超える増益です。企業によっては利益が64倍っていうものもあったと記憶しています。 → 株ランク




●現在の上海市場は一方向に進んでいる感は拭えませんが、企業の業績が好調であるということから、まだしばらくはこの流れが続くのでしょうか。


 あとは、GW前にもと言われている金利の引き上げ。


 これによって、市場がクールダウンするのでしょうか・・・?



 【ふなき語録】

 「ありえないほど強い上海市場ですが、それにはしっかりと理由がある」





いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




強すぎる上海市場

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●本日、中国の温家宝首相が来日します(もう来たのかな?)。


 今回、日中で環境分野に関する共同文書が発表される模様。


 日本が高度経済成長する際に、黒煙をモクモク出したり、汚水をジャブジャブ垂れ流したりしていたので、現在の中国やインドを批判することはできないのかもしれませんが、環境汚染が進んでいることは重大な問題です。


 環境にやさしい地球を目指して世界が一丸になってほしいですよね。



●香港市場が昨日5営業日ぶりに再開して、やっと世界同時株安前の水準くらいまで戻ってきました。


 私の傷も何とか癒えてきたところです。



●しかし、上海では「世界同時株安なんてあったっけ?」っていうくらい、上昇しています。



 世界同時株安前の水準に戻ったというレベルではなく、先週から連日過去最高値を更新しつづけています。


 ここでいう上海市場、テレビなどで報道される上海市場は外国人が投資することができないので直接は恩恵をうけているわけではないのですが、下がるより上がったほうが気分は良いものです。


 でも上海が咳をすると、他の中国本土はもちろん香港でも影響をモロにうけます。


 できることならば、息の長い成長をして欲しいのですが・・・ → 株ランク




●でも、ここ最近の上げによって、上海の株価はかなりの割高水準にあります。


 比較の仕方によって変わってくるとは思いますが、PERだけで判断すると、日本のバブル崩壊前の水準に近いものになっているように感じます。


 日本のバブル崩壊と決定的に違うのは、中国はまさに経済成長の真っ只中だということ。


 ですので、一気に崩れることは無いと思うのですが、株価の割高さから、一部で上海にバブルの兆しありと言われているのでしょう。 → 株ランク




●今現在は中国本土も香港もかなり好調で、新規に投資を考えている人もいるかもしれません。


 でも、近い将来比較的大きな反動が起こる可能性が高まっているということを認識しておいたほうがよいかもしれません。。。



 【ふなき語録】

 「株価は上がりつづけることも下がりつづけることもない」






いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




高いか安いか

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●昨日、私の住む地域では統一地方選挙の投票日でした。

 当選した方々。

 初心を忘れず、地域のために頑張ってほしいですね。




●今は香港市場がお休みなので、今もっている銘柄をゆっくりと見直してみました。



 収益を多く出しているもの、多少は出しているもの、いまいちなものと色々とあります。


 でも一部は、買うときは半信半疑でここまで上昇するとは予想できなかったものもあることに気づきました。



●例えば、1年半くらい前でしょうか。


 とある中国本土の大手百貨店へ投資しました。



 正直、高級路線を行くこのような百貨店はまだ投資対象として早すぎるかもという気持ちがあったのですが、当時、上場して少ししたところ、12香港ドルほどで購入。


 しばらく動きはそれほどよくなかったのですが、先週時点で50香港ドルを超えています。



 昨年は、中国本土の「消費」が大きくクローズアップされた年でしたが、まさにその流れに乗った銘柄だったのかもしれません。 → 株ランク




●心残りなのは、私自身、半信半疑だったこともあり、投入した資金が少なかったことでしょうか。


 買い増すのであれば、できるだけ安く買いたいところですが、いつが買い時か・・・?

 これからまた12香港ドルまで下がるとは考えずらい状況。





 結論として、できるだけ安く買いたいのは当り前なのですが、長期投資であれば、将来性が明るいのであれば、「今」が買い時といえるのでは・・・?


 昔の価格を見てもあまり意味がありません。

 「この銘柄は数年前に買っておけば、10分の1だったんだ〜。そう考えると、今はちょっと高いかも・・・」

 というように考えてしまうと、買えません。




 逆に考えると、数年でそれだけのパフォーマンスを見せた銘柄なのです。これから先、数年も同じようなパフォーマンスを見せる可能性だってあります。 → 株ランク





●何が言いたいかというと、過去の価格と今の価格を比較するのではなく、今の価格と将来つけるであろう価格を比較するのです。



 明日から香港も始動します。

 短期では北京オリンピックに向けて上昇を続けるという見方が優勢ですが、ここにきて引き締め策がとられています。

 しばらくは神経質な相場が続くのでしょうか。


 【ふなき語録】

 「過去を振り返ることも大切だが、それだけでは前に進めない」






いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




中国市場にカルパースが参加

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●いや〜

 また久しぶりになってしまいました。

 お客様が年度末ということもあり、色々とバタバタしていて・・・

 でも、本当は・・・時間はあったのですが、ブログの内容が思い浮かばず・・・、時間のあるときは読書していました。



●明日から香港は5連休に入るということで、本日は薄商いになりそうな香港市場ですが。



 今日仕入れたニュースとして、カルパースが中国株投資を開始したと伝えられました。



 って言っても、「なんじゃいカルパースって。カルピスかパンパースの間違いじゃないのかい」って思う人が大半かもしれませんね。



 「カルパース」っていうと、アメリカ最大の公的年金基金であるカリフォルニア州職員退職年金基金のことです。 → 株ランク




●このカルパースが中国株投資を開始したということはどういうことかというと、年金基金は多額の投資資金を運用しています。


 しかし、年金のように減らすことが許されないようなものですの、「増やす」ことももちろん大切ですが「安全に」ということがもっと大切になるのです。



 そのカルパースが中国株投資を開始したってどういうことかって・・・


 もうわかりますよね。



 年金基金が中国株投資は「安全だ」と思い出したということです。 → 株ランク




●毎回、パーティーに遅れて参加する年金基金がパーティーに参加しました。



 これから中国は安定成長が期待できるということでしょうか。



 【ふなき語録】

 「パーティーに遅れて参加する年金基金。パーティーの終わる頃に参加する日本人投資家」







いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




決算発表で株価が下がっても・・・

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●最近、報道関連の不祥事(?)がありました。


 「あるある」とか「朝ズバ」とか。


 朝ズバは少し前まで見ていたのですが、個人的に好きになれず(個人的に内容に違和感を感じたので)、今では見ていません。


 全国的に流れる影響というものがどれほどかをしっかりと認識して報道してもらいものです。



●前回は、良い業績を発表しても株価は下がることがあるなんていうことを話しました。



 でも、これは、比較的短期で投資している人からすると気にする必要があるかもしれませんが、「年」単位で投資をするような長期スタイルであれば、それほど気にする必要がないかもしれません。



 例えば、前回例に出した、2倍の利益が出ると思われていた企業の利益が実は1.5倍だった。

 そんなとき、短期的には株価は下落するかもしれません。

 でも、利益が1.5倍って悪くない数字です。

 この数字を長期的に維持することができるのであれば、十分投資する対象として魅力的です。



●要するに、1.5倍じゃなくても良いのですが、長期間に渡って利益を出してくれる会社を探すことが長期投資ではとても大切なのです。



 まあ、言うのは簡単なのですが、見つけるのは難しい・・・?



 正直、日本国内でこのような企業を探すことって難しいように思います。

 というより私はわかりません。




 でも中国ではどうでしょう。

 色々とイメージを膨らませれば、これから成長しそうな業種というものは出てきませんか・・・?




 例えば高速道路。

 日本と違って、多数の企業が上場しています。

 今はまだ道路を作っている段階でが、これから自動車がもっと増え、高速道路の利用者が増えれば、収益が増えていくっていう構図です。

 また、道路の周辺で経営するガソリンスタンドなどからも収益があがるので、短期的に爆発的に上昇することは無いでしょうが、中国の経済発展と共にジリジリを上昇していくことが予想できます。

 そして、外部(アメリカとか日本とか)の要因をあまり受けない、外資系企業とも戦わない安定した業種のように感じます。(私はある出来事があって、高速道路銘柄は売ってしまい、もっていませんが・・・。今思えば、売らなければよかったです) → 株ランク





●もし長期で投資をするというスタンスであれば、多少下がろうが世界同時株安とニュースで報じられようが、じっくりと、


 「下がったときは、安く買えるときだ」


 くらいの気持ちで構えるのが、精神的にも良いかもしれませんね。



 【ふなき語録】

 「長期投資の要は長期的に成長する企業をイメージできるか否か」









いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




中国は業績相場に入った感じです

→ → → banner_04.gif
→ → → ranking-banner-minimum.jpg

ランキングがんばっています。
よろしくお願いします。



●私は電車に乗るときは、本か新聞を読みます。


 なので電車では空いていても、座りません。

 だって、座ると寝てしまうから・・・



 最近はあまり満員電車に乗らなかったのですが、今日は春休みだからでしょうか。

 学生っぽい人がたくさん乗っていて、電車が込んでいました。

 そしてたまたま私の前の席が空いたので、座ったのですが・・・


 案の定、本を読みたかったのですが、知らぬ間に眠ってしまって・・・


 何だか、電車での時間を損してしまった感じです。。。



●最近、中国のみならず日本でも株価が堅調に推移しています。

 上海なんかは世界同時株安があったにも関わらず、そんなことは過去の出来事のように過去最高値を更新しています。


 やや戻りの調子が速いのが不安ではあるのですが、今は時期的に業績相場に入った感じかもしれません。



●私もここで何度も書いていますが、基本的に株価は企業業績とともに動きます。


 業績が良ければ株価も上がるし、業績が悪ければ株価も下がる。



 今はまさに決算発表時期で、良い業績が発表されているのでこれから発表される企業に関しても、業績が期待されて全体的に株価が上昇している感じなのが、上海であり香港なのでしょう。



●ところで、良い業績が発表されても、それが発表されたタイミングで株価が下がることってあります。



 私は前はそれが不思議でなりませんでした。



 「何で、業績が良いのに株価が下がるんじゃ〜〜〜」


 っていう感じです。




●これは今思えばそれほど不思議なことではないんですよね。



 株価は将来を写す鏡と言われています。


 なので、企業の業績をある程度先読みして、株価は上昇していきます。



 例えば、A会社の利益が2倍になりそうだとマーケットで思われていれば、業績発表される前に株価はそれ相応の価格にまで上昇します。



 そして業績が発表されたとき・・・


 もし利益が前年比1.5倍だとA会社から発表されたらどうなると思いますか?


 もうわかりますよね。


 利益が2倍だと思って投資していた人からすると、1.5倍って物足りない数字ですよね。


 なので、利益が1.5倍っていう良い業績が発表されても株価は下がってしまうのです。



●話を上海、香港に戻すと、マーケットが想定している以上、またはマーケットが想定している範囲内だとしても、限りなく上限に近い業績を発表している企業が多いので、株価も堅調に推移しているということでしょう。



 でも、このような堅調な相場が続いていると、政府の引き締めが入ります。


 きっと年内に1回か2回は利上げがあるといわれています。


 そのような調整を繰り返しながら、強い市場になるのでしょう。


 【ふなき語録】

 「良い業績が発表されても株価は下がることがある」





いつも応援してくださる皆さん。ありがとうございます。
皆さんの応援があるからこそ、私のパワーの源です。
もしよろしければ今日も応援をよろしくお願いします。

→ → → banner_04.gif

→ → → ranking-banner-minimum.jpg


ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。




皆さん最後まで読んでくれてありがとうございます。
今回の記事はどうでしたか?

これからもあなたの役に立つ情報を発信していきますので、
お気に入りに登録して、また遊びに来てくださいね。



すぐに登録できますよ(フフフ)。




広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。